投資の初心者にはインデックスファンドが有効

ファンドを利用して分散投資

投資の初心者にはインデックスファンドが有効 ファンドを利用して投資をするメリットの一つに分散投資があります。分散投資というのは、一つの投資対象だけに投資を刷るのではなくて、資産を色々な投資対象に分散をするというものです。例えば、株式の場合には、特定の企業の株式に全額を投資した場合、もしもその企業の業績が伸びて株価が上昇すれば大きな利益を得る事ができるでしょう。しかしながら、もしもその企業の財政が破綻してしまったような場合には、最悪の場合には株価がゼロになり、全資産を失ってしまうという事になると思います。一つの企業に集中して投資をするのではなくて、二つの企業に分けて投資をすれば、その影響は半分になるでしょう。三つの企業に分けて投資をすれば、その影響は3分の1になるのです。このように考えて行けば、できるだけ多くの企業に投資をしていくというのが良いと思います。
分散投資をすれば良いのですが、それだけたくさんの株式を購入しなければなりませんから、非常に大きな資金が必要となってくるでしょう。ファンドを用いれば、小額で分散投資ができるというメリットがあります。ファンドでは、通常は多くの資産を組み入れています。株式を対象としたファンドであれば、多くの株式を組み入れているでしょう。債券を組み入れているものや、不動産を組み入れているものもあります。このように、ファンドを購入すれば、自動的に分散投資ができるようになっています。ですから、リスクを抑えて投資をするためには、ファンドは便利なものでしょう。